踊りを聴く

音楽は耳で聴くものであり、決して目に見えません。

絵画は目に観えても、音は聞こえてきません。

しかし素晴らしい作品は、必ずしもそうとは限らないそうです。

それはどういう事なのでしょうか?

俳句に例えるとわかりやすいかもしれないですね。

良い俳句は、読み手や聞き手に5感を呼び起こしたり、句の世界観や感情を想像させることができるそうです。

5感: ①耳で聞く②目で見る③手で触れる④鼻でかぐ⑤口で味わう

たった17文字でこれだけの感覚を呼び起こすことができるのです。その為、俳句は最も短いポエムとして世界から注目されています。

ところで、どうしたら良い作品を生み出す事ができるのでしょうか?

それは本物に触れる事です。

そこでスイスのダルクローズ•リトミックの先生から勧められた舞踏団を見に行きました。

終演後、言葉には言い表せない感覚になりました。本物を感じた、とだけお伝えしたいと思います。

九州まで遠かったのですが、4年ぶりの新作で、2019年はあと海外公演のみだそうです。遠出した甲斐はありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました